手数料のかからないJCBのリボ払い・支払い名人とは?

支払い名人画像
クレジットカードにおける最大のネックは「リボ払い」の手数料です。リボ払いというのは、購入額や支払残高に関わらず、毎月一定の金額を支払っていくものですが、支払方法を間違えると、毎月手数料だけを支払うことになり、いつまでたっても元金が減らないという事態に陥ります。

そのため、『クレジットカードは一括払いが大原則』と言われています。

ただ、カードによってはリボ払いにすると特典を受けられるものがあるため、会員にしてみれば特典を受けられ、且つ手数料を取られないリボ払いが最良となります。

そんな都合の良いことができるのかというと、実はできるものがあります。その一つがJCBカードの「支払い名人」です。

支払い名人の特徴

支払い名人の特徴には以下の4つがあります。
1.設定した金額を越えた分のみリボ払い
2.リボ払いの初回手数料は無料
3.ショッピング保険が付帯
4.キャンペーンの抽選口数が2倍

1.設定した金額を越えた分のみリボ払い

支払い名人では「設定した金額を越えた分のみリボ払い」になっています。

ということは、設定した金額を超えなければ1回払いにできるということであり、手数料(年率15%)を支払わなくても良いということです。

また、設定額はJCBカードのWEBサイト「MyJCB」から自由に変更できるため、その月の家計状況によっては支払額を少なくすることも可能です。つまり、クレジットカードの支払いの管理が自分でコントロールできます。

2.リボ払いの初回手数料は無料

一般的なクレジットカードであると、初回請求分からリボ払いの手数料が発生しますが、支払い名人は初回請求分には手数料がかからず、2回目からリボ払い手数料が発生するようになっています。

従って、設定額を超えてリボ払いが発生したとしても、初回請求分の手数料はかかりません。

3.ショッピング保険が付帯

クレジットカードにはショッピング保険というサービスがあり、購入した商品が一定期間内に盗難に遭ったり、破損したりした場合はその損害額が保険から補償されます。

ただし、どのクレジットカードでも無条件でショッピング保険を付帯しているわけではありません。

JCBカードでは購入日から90日間が保障期間になっており、一般カードは海外での購入品のみ補償の対象になります(ゴールドカード以上は国内購入品も対象)。

ところが、支払い名人の登録をすると、国内で購入した商品に対してもショッピング保険が適用され、年間最高100万円まで損害を補償してもらえます。ただし、1回の事故に付き3,000円の自己負担がかかります。

4.キャンペーンの抽選口数が2倍

JCBでは会員向けに様々なキャンペーンが開催されますが、キャンペーンの抽選口数が2倍になります。

リボ払いの支払方式は?

リボ払いの支払方式は一般的に「元利定額リボルビング方式」になっており、毎月元金と利息を合計した額を一定にして支払っていきます。

ところが、支払い名人のリボ払いは「元金定額リボルビング方式」になっており、毎月元金を定額にして支払っていきます。

元金定額リボルビング方式は元金が一定で、その元金に利息額を加えた額が毎月の支払額です。

従って、元金が減っていく分利息額が減るため、支払回数が増すごとに月々の支払金額が少なくなっていきます。なお、初回の支払いには手数料がかからないため、元金のみの支払いとなります。

元金定額リボルビング方式のシミュレーション

例えば、6月に7万円の商品を購入し、元金を1万円とした場合の毎月の支払額は以下になります(手数料:実質年率15.0%)。

支払月元金手数料支払額
8/1010,000円0円10,000円
9/1010,000円764円10,764円
10/1010,000616円10,616円
11/1010,000円509円10,509円
12/1010,000円369円10,369円
1/1010,000円254円10,254円
2/1010,000円127円10,127円

リボ払い手数料の合計額は2,639円となり、総支払額は72,639円です。

支払い名人の設定は毎月必要?

支払い名人は一度設定すると解除するまで継続されるため、毎月設定する必要はありません。

なお、設定変更における締切時間は支払日の5営業日前の午後7時55分です(一部の金融機関を除く)。

リボ払いの設定金額

支払い名人のメリットは支払い金額の管理ができるということです。通常は、リボ払いの最低支払額を高く設定し、毎月一括払いで支払う形にして手数料をかからないようにします。

そして、出費がかさんだ月は設定額を低くし、一括払いの金額を少なくして支払いを抑えます。

例えば、毎月カード利用で平均5万円の請求が予定される場合、リボ払いの最低支払額を6万円に設定しておけば、請求額全額が一括払いになるため手数料は0円です。

極端な話、最低支払額を利用限度額に設定しておけば、リボ払いの発生することはあり得ません。

ただ、急な出費で3万円しか支払いたくない場合は、最低支払額を3万円にすれば、残額がリボ払いに回され当月の支払いは3万円で済みます。

翌月において、当月利用分が5万円だとすると、残額の2万円が足されて7万円の請求になりますが、リボ払いの最低支払額を7万円に上げれば、7万円が一括払いになり、手数料がかかりません。

クレジットカードの支払いの原則は一括払いです。ただ、リボ払いの登録で大きなメリットを得られるのであれば、むやみに拒否する必要はありませんし、キャッシングおすすめのようなカードローンよりもクレジットカードで現金を借りた方がお得(金利が安い等)な場合は、そうするべきでしょう。

ただし、その場合はリボ払いの自由な設定によって一括払いにすることが可能であることが前提です。一括払いが利用できないリボ払いは絶対に登録すべきではありません。

なお、リボ払いの設定額を変更した場合は忘れずにメモしておくことが肝心です。

ちなみに、三井住友カードのリボ払いである「マイ・ペイすリボ」も支払い名人と同様な機能を持っています。

大和ネクスト銀行カードローンの特徴

現在では、インターネット取引専用のネットバンクが数多くありますが、銀行系や流通系バンクが多い中で、異色の存在と言えるのが大和証券の子会社である「ダイワネクスト銀行」です。

大和証券の子会社だけに、大和証券との取引のある利用者には便利なシステムが用意されています。

大和ネクスト銀行のカードローンは貸出限度額が500万円と少なめですが、金利は4.0~9.5%と最高金利が10%を切っており、全業界のカードローンの中でもトップクラスになっています。

また、金利は3パターンに設定されており、10万円以上200万円未満・9.5%、200万円以上400万円未満・5.5%、400万円以上500万円以下・4.0%になっています。

カードローンを利用には大和ネクスト銀行の口座の所有が必要です。大和ネクスト銀行に口座が無く、新たに開設する場合は銀行口座と同時に大和証券の口座も開設しなければなりません。

ちなみに、学生でも安定収入があれば、利用限度額を10万円以内として借入ができますが、年金受給のみの人や専業主婦は申込ができません。銀行カードローンは、専業主婦でも借りられるのが総量規制対象外のメリットなのですが、大和ネクスト銀行は、専業主婦への貸付をしていませんので注意が必要です。

借り入れ方法は独特なものがあり、大和ネクスト銀行のローン専用預金口座(通常の預金口座ではありません)に借入金が入金されるシステムのみとなっています。

大和ネクスト銀行の即日融資締め切り時間は15時まで!

そして、借入金を引き出す場合は専用口座から自分の所有する銀行口座に振り込むことが必要になり、15時までに申し込んだ分が当日の内に入金されます。

なお、他の銀行カードローンのようなカードが発行されないため、ATMからの借入はできません。そのため、夜遅くにコンビニATMからすぐに現金を借り入れるということができません。

返済方法も毎月27日に行われる専用口座からの引き落としだけとなっているため、事前に専用口座に所有する銀行口座から返済額を振り込んでおく必要があります。

仮に、専用口座に返済金が不足している場合は普通預金口座の預金から振り替えられます。また、大和証券に口座があると、その口座から手数料無料で普通預金口座に入金される機能もあります。

ちなみに、最低返済額は50万円以下が1万円で、100万円以下は2万円となっており、ネットバンクにしては高額です。

大和ネクスト銀行カードローンは借入・返済とも利用者の所有する銀行口座との間に振込手続きが必要であり、且つ、所定の振込手数料が掛かるため、手間や費用の面で他のカードローンに比べて大きなマイナス点になっていることは否めません。

カードローンへの申込方法はインターネットだけで、電話や郵送による申込はできません。履歴や借入残高などの確認はWEBサイトで行います。

特異なネットバンクであるじぶん銀行のカードローン

最近では色々な業界の企業がネットバンクを設立していますが、中でも特異な存在と言えるのが、携帯電話会社であるKDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資によって設立された「じぶん銀行」です。

自社の店舗を持たず、インターネットを使った取引が中心となっています。そして、じぶん銀行が展開しているカードローンが「じぶんローン」であり、親会社がKDDIだけに、auユーザーに対しては一般ユーザーとは異なる優待サービスが提供されています。

じぶんローンの金利は3.9~17.5%で、消費者金融カードローンとそれほど変わりませんが、銀行カードローン特有の提携ATMの利用手数料が無料になっています。

提携ATMには三菱東京UFJ銀行の他、ゆうちょ銀行やコンビニのセブンイレブン、ローソン、Enet(ファミリーマート、サンクスほか)などがあり、借入における不便さは感じません。

じぶんローンは安定収入があれば利用者の制限は無く、学生や派遣社員でも申し込めますし、消費者金融が受け付けていない年金受給者や自営業者でも申込も可能です。

さらに、収入の無い専業主婦の申込にも対応しています。なお、じぶんローンを利用する場合は三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融アコムの保証を受けることになります。

じぶん銀行に口座が無い場合は融資まで1週間程かかります

じぶんローンの申込は携帯やパソコンなどを使ってホームページの専用フォームから行いますが、じぶん銀行の口座を所有している人は申込フォームが無所有の人とは別になっており、本人確認書類も不要のために手続きが早く済み、借入金を指定する銀行にすぐに振り込んでもらえます。

なお、カードは一週間程度で郵送されてきます。じぶん銀行に口座がない場合は申込から融資まで約1週間程度が掛かります。

じぶんローンの返済方法はATMによる返済と、口座引き落としの2通りです。ただ、口座引き落としはじぶん銀行の口座のみ利用できます。返済期日は「指定期日」と「35日サイクル」のどちらかを選択できますが、口座引き落としの場合は指定期日のみとなります。

そして、毎月の最低返済額ですが、じぶんローンは2,000円となっており、消費者金融より返済しやすいのがじぶんローンの目玉にもなっています。ちなみに、じぶんローンでは利用明細書を郵送しないため、パソコンやスマホから会員ページにアクセスして確認します。

ところで、auユーザー専用のサービスとしては「誰でもコース」があり、カードローンの金利が3.8~17.4%と通常ローンより0.1%低くなっています。さらに、借り換えローンとして利用する人のために、3.4~12.5%の低い金利のローンが用意されています。